めまいのケア

更年期特有のめまい、立ちくらみの原因と漢方によるセルフケア

更新日:

めまいや立ちくらみは、フラフラとして平衡感覚を保てなくなる状態です。何度も続くようだと、いつまためまいが起きるかもしれないので不安です。

ここではめまいの代表的な原因を確認し、自宅で手軽に取り入れられる漢方治療を取り上げます。

病気が原因のめまい

まずは病気に分類されるめまいの中で代表的なものを取り上げます。

良性発作性頭位めまい症

一番多いタイプのめまいがこちらです。半規管に結石という石ができることでフラフラします。半規管の管には水が入っており、この水の流れを神経を通じて脳に伝えることで、今頭の位置がどのなっているのかが分かる仕組みになっています。

ところが結石ができると異常な水の流れが生まれ、脳に誤った情報が送られて頭の位置の把握が混乱します。このとき生じるのがめまいです。朝の起床時、頭を急に動かしたときに起きやすいのが特徴です。

メニエール氏病

めまいの原因としてよく知られた病気。半規管内の水が増えることで、脳に誤った情報が送られてめまいが起きます。半規管内で増えた水は聴覚器官にも影響を与えるので、音が聞こえにくくなります。メニエール氏病の症状は薬や点滴によって改善を見込めます。

脳卒中に伴うめまい

脳卒中では脳の血管から出血したり、血管がつまったりするとこで脳が損傷します。このとき現れる症状のひとつにめまいがあります。
急にめまいが始まり、

  • ろれつが回らない
  • 体の片側の感覚がない、動かない
  • しびれや脱力感がある

といった脳卒中特有の症状を伴う場合は、緊急に救急病院や脳神経外科を受診しましょう。

更年期によく見られるめまい

女性特有のめまいは、

  • 不正出血
  • 子宮筋腫
  • 月経過多

などによる貧血が原因で起きるものがあります。

更年期を迎えている方でしたら、更年期障害にともなう不定愁訴(ふていしゅうそ)の一つとしてめまいが起きているのかもしれません。

更年期に女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減ると、脳の視床下部はもっとホルモンを出すようにと性腺刺激ホルモンを分泌して指令を送り続けます。これによって視床下部の機能は混乱し、自律神経の乱れにつながります。自律神経が乱れると疲れやすくなったり、眠れなくなったり、暑くなったり、寒くなったり、そして、めまいがしたり、といった症状が現れます。

ストレスが影響することもあります。更年期の時期は子どもが自立したり、夫が仕事で重要な役割を担ったり、退職したりと家庭に大きな変化が起きます。急激な環境変化によるストレスによってぐっすり眠れなくなるケースは少なくありません。睡眠不足だと自律神経のバランスが乱れがちになり、めまい等の症状が出やすくなります。

更年期に特有のめまいの治療法

更年期障害の症状は、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで生じます。エストロゲンを補えば症状の緩和を期待できます。

病院で受けることができるホルモン補充療法(HRT)は、飲み薬や張り薬によって血液中にエストロゲンを取り入れることで症状の緩和を目指します。根本的な治療を目指すことができますが、

  • 吐き気
  • 乳房の張り
  • 不正出血

といった副作用を伴うことがあります。

病院で治療するほど症状が重くない、または副作用が気になるという人は、漢方薬という選択肢もあります。

漢方薬│苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)とは

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、めまい、耳鳴り、立ちくらみなどの症状の改善が期待できる漢方薬です。

漢方薬がアプローチするのは具体的な症状。基本的には、どのような原因でその症状が出ているのかに関わらず、めまい、耳鳴り、立ちくらみの症状そのものの改善を目指せます。

漢方薬はサプリメントとは異なり、症状に対する効果効能が認められているものです。
苓桂朮甘湯には、

  • ぶくりょう
  • けいひ
  • びゃくじゅつ
  • かんぞう

という4種類の生薬が配合されています。

症状を改善する苓桂朮甘湯の働きとは

東洋医学では「めまい」「立ちくらみ」「耳鳴り」といった症状を、気・血・水のバランスの崩れによって起こるものととらえています。

中でも重要になるのが「水」の要素で、頭や耳の周辺で水の流れが滞っているために症状が出ていると考えます。この水の滞りのことを「水滞」といいます。

苓桂朮甘湯の働きをひとことでいうと、溜まった水を取り除くことです。これにより水滞の状態が解消すれば、おのずとめまい、立ちくらみ、耳鳴りといった症状も改善するはずです。

また、辛い症状が続くと、不安になったりイライラしたり、物事に集中できなかったりと、精神的にも大きな負担になります。苓桂朮甘湯は、こうした精神面にもアプローチして、辛さを緩和してくれます。

苓桂朮甘湯を実際に試してみた人の声

苓桂朮甘湯を実際に試してみた人はどのような印象を持ったのでしょうか。ここではその一部を紹介します。

「耳鳴りで周りの音が聞こえにくく治らないのではと不安でしたが。めまいにも耳鳴りにも効き、孫や娘との会話も楽しめるようになりました。」

「めまいでベッドから起き上がれずしばらく休むしかありませんでした。悩まされていためまいに効くということで心強いです。」

「自分にぴったりの漢方薬に出会えました。耳鳴りやめまいのせいで外出や会話に積極的になれなかったのですが、これからが楽しみです。」

めまいや立ちくらみ、耳鳴りといった症状は現代医療でもなかなか治せないという話はよく聞きますよね。

苓桂朮甘湯に出会った方たちが、辛い症状を克服して、人生を楽しめるようになったというのは本当に素晴らしいですね。

 

▼更年期症状をやわらげたい人は必見!

更年期の症状に良いとされる大豆イソフラボン。

毎回の調理は大変ですが、サプリで簡単に補えるのを知っていますか?

大豆イソフラボンに生姜の力をプラスした注目のサプリ『ラクリブ』について解説しています。

↓↓↓↓↓

 

 

-めまいのケア
-, , ,

Copyright© 更年期かなと思ったら読むサイト , 2019 All Rights Reserved.