更年期 悪寒

60代で閉経後も長引く更年期の症状…めまいに加えて悪寒まで!

更新日:

60代で閉経後も長引く更年期の症状…めまいに加えて悪寒まで!

ある朝、なんとなく不快感があり目が覚めたのでトイレに行くため起き上がろうとしたところ、 自分がめまいを起こしていることに気づきました。

初めてのことだったので、部屋が暗いから見えずらいと思いのかな?と照明を点けようとしたところ部屋がグルグルと回っているように見えたのです。

そのときは動揺して無理に動こうとしたため転倒してしまいました。数分続く回転性のめまいに酔ってしまい嘔吐。最悪のめまい体験でした。

閉経後に苦しめられた動悸とめまい

50代前半で閉経しましたが、閉経前後から動悸を感じることが多くなりました。以前からたまに動悸は感じていましたが、閉経が近いと感じていたのもあり、特に気にして生活を送っていなかった中での突然のめまいだったので驚きました。

動悸は若いころから時々起こっており、心臓疾患はもともとないものの疲れが溜まると起きる症状でした。

その時は日中起こることが多かったと記憶しています。50代を超えてから起きる動悸は夜寝ている最中に感じることがほとんどで不安感に襲われることが多くなりました。

閉経してからも動悸は続き、回数は増えたり減ったりと一定しませんでしたが特段に悪くなる事もなかっ たのと、生活にあまり支障をきたすものとも思わなかったので病院は受診しませんでした。

動悸より辛かったのはめまいです。めまいは閉経してかなり経ったころ発症しました。初めての時は本当に慌てましたが、回数を重ねるごとに慣れ、徐々にやり過ごす事ができるようになりまし た。しかしなり始めのころ頃は何か病気からなる症状なのかと気になり、複数の病院、診療科を受診 しました。回数は安定せず、当然めまいに襲われます。ただし、規則性がある事に気づいたので、 自分でうまく対応できるようになるのにそれ程時間はかかりませんでした。

更年期の症状を気にして仕事にも影響

それでもコントロールをする事は出来ないので、自営で美容院を経営していますが、お客様がいらっ しゃっている時に「めまいが起こりそう」と感じた時はいつも困ってしまいます。

その予兆が当たる時もあれば当たらない時もあるので何とも言えませんが、とにかく早く仕事を終わらせ休むしかありません。めまいが起きる時は大体が疲れている時、風邪気味の時です。疲れていると肩こりがひどくなるのですが、どうやらそれがめまいを引き起こしているのでは?と感じます。

長引く更年期の症状…悪寒まで加わった

年齢も年齢ですし、閉経と関連があるだろうと思ったので「これが更年期か」とすぐに感じました。ちょっと寂しい気持ちになりましたが、自分の子供も大きくなったのだし、当たり前かなと割り切りました。

更年期の症状は人それぞれのようですが、周囲からよく耳にする症状はホットフラッシュやのぼせが多かったので、自分にその症状が出ないのが今でも不思議に思います。

自分の場合はほてりやのぼせとは真逆の症状で、腰回りから背筋にかけて急にゾクゾクと寒さを感じる事が多くなりました。

更年期症状かは不明ですが、めまいと関連がありそうな気がしています。夏の一番暑い時期(ほんの1~2週間)を除き、 年中ザワザワと寒さを感じて不快です。閉経し、もう10年以上経ちますが未だにめまいと部分的な寒気が収まる事がなく、いつになったら終わるのかと悩ましいです。

更年期症状は個人差がかなりあるようで、閉経して症状も軽くなっていく人が周囲には多く、「きっともうすぐ良くなるわよ」と言われ続けもう随分経っています。動悸はほとんど感じなくなりましたが、めまいが未だに現れ、寒気は頻発しています。

更年期の症状は良くならないが慣れてきた

寒気は腰にカイロを張るなどして過ごせば問題ないのですが、未だに続くめまいだけはどうしようもありません。一時期、病院に通い薬を服用していました。かなり長い期間飲み続けたものの、 改善されている実感もわかず、かかりつけの医師による診療内容や生活に対するアドバイスもただ の気休めのように感じていました。

改善されないのなら一度受診を止めてみようと病院に行く事をやめ、薬も飲まなくなりました。悪化したらまた通おうと思っていましたが、結局薬を飲んで いる時と止めている期間の大きな差が出なかったため、そこから受診はしていません。

めまいを止める即効性のある薬もなかったですし、飲む事によって予防できている感覚もありま せん。更年期症状を抱えながらも美容師の仕事を続けており、従業員は自分だけ。主人は既に亡くなっており娘たちも巣立っていたため、自宅兼職場には常に自分一人という状態。急に具合が悪くなっても頼る人がいませんでした。

自分の兄弟が近所に住んでいるので、めまいが収まらない時は買い物など行ってもらいましたが、美容師の仕事を任せる事は出来なかったので、接客中にめまいが起きたらと思うと恐怖でした。現在は幸い、の娘が実家へ戻って来たので万が一の時は引き継いでくれる安心感があります。

寒気はとにかく体を冷やさないような生活を心がけています。めまいの方は、肩こりがひどくなってくると起こりやすいようなので、仕事のペースを落とし、体を休めるようにしています。

体を休めても「めまいが起こりそう」と感じる時もあり、そんな時は椅子に座って頭を下に垂れるようなポーズを取ります。

これは耳鼻科を診療した時、先生が教えてくれた対処方法で、効果を実感できるので今でも実践しています。めまいが起きると仕事どころではないので、起こってしまったら潔く休業し、椅子に座ったままめまいが収まるまで目をつぶって待ちます。

横になっていると回転性がより強く感じられるので、椅子に座るほうが良いようです。未だに続く症状。 更年期がきっかけで発症してしまったのでしょうか?今後もまだしばらく続きそうなので根気よく付き合っていこうと思います。

====最新情報====

更年期症状にアプローチする「イソフラボン」に「酵素」や「コラーゲン」をブレンドした青汁が登場!

只今500円モニター募集中の美ボディ青汁の口コミをまとめました。よろしければ合わせてご覧ください。

-更年期 悪寒
-, , , ,

Copyright© 更年期かなと思ったら読むサイト , 2019 All Rights Reserved.