ホットフラッシュのケア

急に暑い…更年期のホットフラシュの治療とセルフケア

更新日:

更年期障害の症状は他人事ではありません。外見がどんなに若く見える人でも、更年期になれば症状になやまされることも。

奇跡のアラフィフと呼ばれる、あの石田ゆり子さん(49歳)も、番組内※で「最近、突然暑くなることがある」といった主旨の発言をしています。

暑くなるということは、いわゆるホットフラシュと呼ばれる症状でしょうか。どんなに若々しい人でも、こういった症状は現れるんですね。
※『ぼくらの時代』(フジテレビ系)

ホットフラッシュ、のぼせ、ほてり

更年期を迎えると女性ホルモンのエストロゲンが減少し、自律神経がみだれがちに。

すると体温を調節するための血管の収縮や拡張が上手にできなくなり、

  • 体が急にカーッと暑くなる
  • 暑さで顔が紅潮する
  • 涼しくても汗が止まらなくなる

といった症状に悩まされます。

こうした症状が当てはまる場合の対処法として、

  1. 病院で受けられる治療
  2. セルフケアでできること

について見てみましょう。

1.病院で受けられる治療 ホルモン補充療法(HRT)とは

更年期障害はエストロゲンの減少によって起きます。それならば、エストロゲンを補ってあげればいいじゃないか、という発想の治療がホルモン補充療法(HRT)。

症状を一時的に緩和させるだけでなく、根本的な治療を目的とするものです。

薬には次のようなタイプがあります。

  • 飲み薬…胃腸で吸収され、肝臓を経て血液中にエストロゲンが入る。
  • 張り薬…皮膚から直接吸収され、血液中にエストロゲンが入る。

副作用はある?

ホルモン補充療法(HRT)には副作用があります。

  • 吐き気
  • 乳房の張り
  • 不正出血

などです。

2.セルフケアでできること

「大豆イソフラボン」という言葉を聞いたことはありませんか?ときおりテレビコマーシャルや雑誌などで目にすることがあるかと思います。

この大豆イソフラボンは更年期の女性にいちおしの栄養素で、更年期症状のセルフケアにも役立ちます。

更年期症状のタイプや出方は人それぞれですが、主な原因の1つに、加齢によるエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少してくることが挙げられます。

年を重ねることは、誰にも平等に訪れます。ではその中で、どのように上手く更年期の症状とお付き合いしていけば良いか、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで、大豆イソフラボンの登場です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと構造がよく似ています。

よって、食品から摂取することで、更年期に出てくる様々な症状の軽減が期待できるのです。薬による治療とは異なり、副作用の心配がないのもうれしいですよね。

また、エストロゲンには骨を健康に保つ働きがありますが、減少に伴って当然その働きも弱くなります。

そこで、大豆イソフラボンを摂ることで、骨粗しょう症(骨量が減少し、骨がもろくなってしまう疾患)の予防にも繋がります。

女性では50代から骨量の減少が加速します。そんな面でも、大豆イソフラボンはぜひ習慣的に摂っていきたい栄養素なのです。

大豆イソフラボンの働きについてさらに詳しく!

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た構造のため、更年期障害の軽減や骨粗しょう症の予防などの働きがあります。

また、更年期の女性を悩ませる高血圧やコレステロール値の悪化にもエストロゲンの減少が関連しているので、大豆イソフラボンを摂取することで効果を発揮することが確認されています。

さらに、更年期の症状だけではなく、他にも嬉しい効果があります。大豆イソフラボンには、肌の潤いを守る効果が認められています。だからこそ、スーパーやドラッグストアなどで、大豆イソフラボンの効果を謳った化粧品が販売されているのです。加えて、脂肪が増えることを抑える効果も期待され、女性にやってくる健康面・身体面での悩み解決に、強力な助っ人になってくれるでしょう。

多く含まれる食品については、名前に「大豆」と付いているくらいですから、もちろん大豆です。

大豆の種類や製造方法の違いによって含まれる量は変わりますが、大豆を原料とする加工食品にはだいたい含まれています。大豆は別名「畑の肉」とも呼ばれ、古来より日本人の食文化に馴染みのある食材です。抵抗なく毎日の食生活に取り入れることができそうですね。

摂取量の目安としては、内閣府の機関である食品安全委員会より、1日の摂取目安量は70~75mgと設定されています。では、この量を摂取するために、具体的にどの食材をどの程度食べられれば良いのでしょうか。

大豆イソフラボンの上手な取り入れ方

大豆加工食品として代表的なものはいくつかありますが、1回で食べる量には、どの程度の大豆イソフラボンが含まれているのでしょうか。

以下に納豆、味噌、豆腐、豆乳、油揚げ、がんもどき、きなこの含有量を記載します。

《納豆》
1パックで約36mg(小さなカップだと約24mg)含まれています。料理をしなくても、タレを加えて簡単に食べられるので、料理が苦手な方や、忙しくて支度をする時間の無い方にも取り入れやすいと思います。付属のタレだけでなく、刻んだネギや卵、キムチなど、冷蔵庫に常備してある食材と一緒に混ぜて食べると、飽きずに食べ続けることができそうですね。

《味噌》

味噌汁1杯分で換算すると約6mg含まれています。こちらも毎日、人によっては毎食食卓にあるという方もいらっしゃるかもしれません。納豆と同じく、具材を変えることで飽きずに食べられます。旬の野菜、肉や魚をたっぷり加えると、大豆イソフラボンだけではない、栄養満点の一品が完成です。

《豆腐》

木綿豆腐だと1丁で約84mg、絹ごし豆腐1丁だと約76mg含まれています。大きな差はありませんので、煮物には崩れにくい木綿豆腐、そのまま食べられる冷奴には口当たりの良い絹ごし豆腐、など、好みとその日の気分に合わせて選んでみてください。ちなみに、冷奴で使う方が多いと思われる醤油も大豆加工食品ですが、大豆イソフラボンは1かけ約0.08mg含まれています。

《豆乳》
1パック200gで約41mg含まれています。そのまま飲むことはもちろん、ソース作りに活用されたり、お菓子の材料として使われたりすることもあります。豆乳が苦手という方は、最近では抹茶味やココア味などのフレーバー付きのものも発売されていますので、気になる方はぜひお試しください。

《油揚げ》
1枚で約12mg含まれています。味噌汁に入れて、そのまま焼いて、煮物に加えて、中身に具材を詰めて……用途は幅広くあります。

《がんもどき》
1個に約34mg含まれています。好みの野菜を入れて手作りするとこれだけでも美味しいですが、それ以外にもおでんや煮物に大活躍の一品です。

《きなこ》
大さじ1杯で約9.5mg含まれています。お餅やトーストにかけたり、牛乳やお菓子に加えても美味しいですよ。

大豆と言えば醤油、醤油といえばキッコーマン


大豆イソフラボンは食事を通じて摂取できる栄養素です。でも、必要量をすべて食事から補うのは結構大変です。

特に、忙しくて毎回料理はしていられないという人や、有効成分を凝縮した形で摂取して、より早く効果を実感したいという人には、サプリメントを活用する方法もあります。

大豆イソフラボンを含むサプリメントはたくさん出ていますが、ここで注目したいのは、大豆の専門メーカーとも言えるキッコーマン

ご存知の通り、キッコーマンはご家庭で使う醤油などで良く知られたメーカーです。ちなみに、私の家では醤油はキッコーマンと決まっています。一度こっそり大安売りの醤油を出したことがあるのですが、祖父がすぐに気づき、「醤油はキッコーマンと言っただろ!」と怒られた思い出があります。

私と同じように、ご家庭でキッコーマンの醤油を愛用されている方は多いのではにでしょうか。実は、このキッコーマンは長年の大豆研究の成果を生かして、サプリメントも開発していました。

吸収率の高い「大豆イソフラボン"アグリコン"」を配合しているのが特長で、食事から摂取するイソフラボンと比較すると、同量であっても効き目が異なる可能性があります。更年期症状にピンポイントでアプローチするにはとっても良さそう。

キッコーマン基本のサプリの口コミ情報

キッコーマンの「基本のサプリ」を実際に試してみたユーザーの声を見てみましょう。

クチコミ
4~5カ月のみ続け、状態も軽減されたので安心。

クチコミ
2カ月たったころ、ふと体も気持ちも楽になった気がしました。

クチコミ
自分の気力、体力に自信が戻りました。

クチコミ
これをとりはじめてから、すっきり起きられるようになりました。

クチコミ
以前は帰宅するとソファーで一休み…今ではその必要もなくなりました。

クチコミ
イライラしやすい生理前もリラックスして、感情をコントロールしやすくなりました。

クチコミ
ホットフラッシュが起きなくなった気がします。

病院で治療を受けるほどではないけれど、気になる更年期の症状があるという人には、これくらいの穏やかな効き目がちょうどいいかもしれませんね。

長年大豆を扱ってきた老舗メーカーが、大豆を原料に作ってくれているという安心感もあります。

キッコーマンの「基本のサプリ」には、割引価格でお得に購入する方法があります。インターネットでの買い物は初めてという方でも迷わずに手続きができるように、詳しく手順を解説しておりますので、気になる人はチェックしてみてください。


申し込み手続きを確認

-ホットフラッシュのケア
-, , , , ,

Copyright© 更年期かなと思ったら読むサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.